groonga-normalizer-mysql 1.1.3-2のRFS

DDPO: Kentaro Hayashi -- Debian Quality Assurance

nmプロセスをすすめる過程で、qaページをながめていたら、Vcs-* の記述をミスしていることに気づいたので1.1.3-2としてRFSをだした。

growl-for-linuxも同じようなミスをしているっぽいのでそちらもなおしておきたいところ。

Debian New Member Processはじめました

Adamさんに勧められたり、@henrichさんにそろそろどう?と言われたので、はじめてみました。

DebianMaintainer - Debian Wiki あたりを見ながら、事務手続きをすすめています。

今 step 4あたりに来ているみたいです。 [https://wiki.debian.org/DebianMaintainer#step_4:Objections]

hinawa-utils 0.0.99のRFS

https://github.com/takaswie/hinawa-utils/issues/1 でやりとりしていた内容の続き。

もともと、 upstreamのtopic/packageingで作業していたのを元にしている。

GitHub - takaswie/hinawa-utils at topic/packaging

ある程度それらしくなってきたので、0.0.99のアーカイブをアップロードしなおしてもらって(アーカイブがprefixなしで固められていたので)、それをgbpでインポート。

% gbp import-orig --debian-branch=debian/unstable --pristine-tar ../hinawa-utils-0.0.99.tar.xz
What will be the source package name? [hinawa-utils]
What is the upstream version? [0.0.99]
gbp:info: ../hinawa-utils_0.0.99.orig.tar.xz already exists, moving to ../hinawa-utils_0.0.99.orig.tar.xz.1533985384                       
gbp:info: Importing '../hinawa-utils-0.0.99.gbp.tar.xz' to branch 'upstream' (filtering out ['*egg.info', '.bzr', '.hg', '.hgtags', '.svn',
'CVS', '*/debian/*', 'debian/*'])...
gbp:info: Source package is hinawa-utils
gbp:info: Upstream version is 0.0.99
gbp:info: DEBUG: Import branch is upstream
gbp:info: DEBUG: is_empty: 1
gbp:info: DEBUG: cur repo.branch: master
gbp:info: DEBUG: options.debian_branch: debian/unstable
gbp:info: DEBUG: current_branch: debian/unstable
gbp:info: DEBUG: postimport
gbp:info: Successfully imported version 0.0.99 of ../hinawa-utils-0.0.99.gbp.tar.xz                 

あとは細々とした点を修正。

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=905840 ITPはすでに済ませていたので、Closes: #905840してRFS。

hinawa-utilsをチラ見

現状は以下。

Now running lintian hinawa-utils_0.0.99_source.changes ...
W: hinawa-utils source: diff-contains-git-control-dir .git
E: hinawa-utils source: missing-build-dependency-for-dh-addon python3 => dh-python
W: hinawa-utils source: missing-debian-source-format
W: hinawa-utils source: ancient-python-version-field x-python3-version 3.4
W: hinawa-utils source: no-debian-copyright
W: hinawa-utils source: debian-watch-file-in-native-package
E: hinawa-utils source: debian-watch-file-pubkey-file-is-missing

dh-pythonへの明示的な依存が必要そう。

diff --git a/debian/control b/debian/control
index 02498f6..0c542a7 100644
--- a/debian/control
+++ b/debian/control
@@ -3,6 +3,7 @@ Section: python
 Priority: optional
 Maintainer: Takashi Sakamoto <o-takashi@sakamocchi.jp>
 Build-Depends: debhelper (>= 11),
+               dh-python,
                python3-all,
                python3-setuptools
 Standards-Version: 4.1.4

debian/copyrightがない。 debian/source/formatがないのでnativeパッケージになっている。 standards-versionは最新が4.2.0.1。

DebConf18に行ってきた

8/2から8/4まで、といっても8/2は台湾への移動で到着は夕方だし、8/4はもう朝から帰国のために移動だったので実質まともに参加できたのは8/3だけだったけど。

Rethinking of debian/watch rule - DebConf18

今回は発表があったのだが、週末やんごとない事情で時間を取られて準備をろくにすすめられずにいた結果、直前まで資料を直す羽目になった。あと、20分枠でQ&Aの時間をきちんととれなかったのがアレ。発表後にたぶんインドのDebConfの招致の発表をしていた人?から反応があったのがよかったくらいか。あれもこれも言いたくて詰め込みすぎたなぁ。。。

libhinawaの0.8.2-2のRFS

upstreamにdebian/*のメンテナンスをsalsa.d.oに移行することを提案して、0.8.2-2としてRFSをだした。

github.com

何事もなければそのうちunstableに入るはず。 そしたら0.9.0のリリースにあわせて次のメンテナンスになるのかな。

DVDStyler(dmo)の依存関係を確認する

DVDStylerはDebian公式にはないが、deb-multimedia.org(dmo)には存在する。 というわけで、公式にあとどのパッケージが必要かを確認してみた。

% dget https://www.deb-multimedia.org/pool/main/d/dvdstyler-dmo/dvdstyler-dmo_3.0.4-dmo1.dsc
% cd dvdstyler-dmo-3.0.4
% debuild -us -uc
 debuild -us -uc
 dpkg-buildpackage -rfakeroot -us -uc -ui
dpkg-buildpackage: warning: using a gain-root-command while being root
dpkg-buildpackage: info: source package dvdstyler-dmo
dpkg-buildpackage: info: source version 1:3.0.4-dmo1
dpkg-buildpackage: info: source distribution unstable
dpkg-buildpackage: info: source changed by Christian Marillat <marillat@deb-multimedia.org>
 dpkg-source --before-build dvdstyler-dmo-3.0.4
dpkg-buildpackage: info: host architecture amd64
dpkg-checkbuilddeps: error: Unmet build dependencies: libwxsvg-dev (>= 3:1.5~) libavcodec-dev (>= 10:3.0~)
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1152:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -us -uc -ui failed
root@183883e9fc83:/work/dvdstyler-dmo-3.0.4# apt search libwxsvg-dev
Sorting... Done
Full Text Search... Done
root@183883e9fc83:/work/dvdstyler-dmo-3.0.4# apt search libwxsvg
Sorting... Done
Full Text Search... Done

libavcodec-devはdmo版でないとビルドできないようになっていた。あとはlibwxsvg-devが必要ということのようだ。

% dget https://www.deb-multimedia.org/pool/main/w/wxsvg-dmo/wxsvg-dmo_1.5.13-dmo1.dsc
% debuild -us -uc

wxsvgは公式のパッケージだけでビルドできた。 なのであとはwxsvg,dvdstylerがパッケージングされていればよいことになる。

調べてみた所、wxsvgはdebportsにはある。2:1.4~dfsg-2がjessieのときまでは存在していた。

https://tracker.debian.org/pkg/wxsvg をみてみると削除されてしまっていたようだ。

# git clone git://anonscm.debian.org/pkg-multimedia/wxsvg.git
Cloning into 'wxsvg'...
fatal: remote error: access denied or repository not exported: /pkg-multimedia/wxsvg.git

PTSからGitへのリンクがあったのだけど、死んでいるみたい。

git clone https://anonscm.debian.org/pkg-multimedia/wxsvg.git
Cloning into 'wxsvg'...
fatal: repository 'https://anonscm.debian.org/pkg-multimedia/wxsvg.git/' not found

salsaには移行されなかったし、anonscmも削除されたんだろうか。

salsa.debian.org