Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

OpenSSL 1.1.0cな環境でrvm install 2.3.2

はじめに

ruby 2.3.2がリリースされたので、何も考えずにただrvm install 2.3.2したらOpenSSLがらみで失敗した。 環境はunstableなのでapt install libssl-devすると1.1.0c-1がインストールされている。問題はこいつである。

解決策

同僚に教えてもらった。

rvm install 2.3.2 -C --without-openssl

でopensslを無効にしてインストールする。 opensslのgemをダウンロードして別途インストールするというからくり。 この記事を書いている時点だと2.0.0.beta.2のようだ。

あとは、global環境にgemsetを変更する。

rvm gemset use global

globalにしないと新しくgemsetを作ったときにopensslがインストールされていないのができてしまうから。

gem install --local openssl-2.0.0.beta.2.gem

としてローカルにインストールする。

あとはうまいことインストールが完了まで待機すればよい。