Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

PHP_Codesnifferのコーディング規約を追加する

PHPソースコードを書いていて、コーディングスタイルをチェックするのに便利なのが、PHP_Codesnifferです。

デフォルトのPEARコーディング規約でチェックすることが多いのですが、一つだけ気にくわないのが以下の警告。

 181 | WARNING | Equals sign not aligned with surrounding assignments; expected
     |         | 3 spaces but found 1 space

代入時のアライメントを揃えろってヤツです。
確かに見栄えはいいんですが鬱陶しい。

phpcsには-nオプションがあるので、それを使えば警告を表示しなくなりますが、他の警告も消えるのでいまひとつです。
というわけで、こいつを消すにはどうすればいいかというと、
PEAR\PHP\CodeSniffer\Standards\PEAR\PEARCodingStandard.phpのgetIncludedSniffs()
内でインクルード対象にしている 'Generic/Sniffs/Formatting/MultipleStatementAlignmentSniff.php'をコメントアウトします。


PEARコーディング規約を直接書き換えるのに抵抗があれば、
コピーを作成して(例えばPEARCustom)クラス名を適宜PEARCustomとかに置換してしまえば良いです。

C:\work>phpcs -i
The installed coding standards are MySource, PEAR, PEARCustom, PHPCS, Squiz and Zend

うまく追加できてれば上記のようになるはずです。