Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Linuxマシンでキー配置を一時的に入れ替える

自宅のメインマシンのHDDが飛んだのでしばしLinuxに切り替えました。

一番問題になるのがキー配置。
今時はGUIで設定できることも多いんですが、そうでない場合にはxmodmapを使います。

例えば、ありがちなのがCtrlとCaps Lockを入れ替えるというもの。
CtrlはAの左派にとってはそのまま使うことはとても受け入れがたいのです。ガッデム。

で、.Xmodmap.ctrlswapとかを用意します。
中身はこんな感じ。

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

あとはxmodmap .Xmodmap.ctrlswapを実行するだけ。


次に半角/全角とEscを入れ替えてみます。
コンソールではvim派なのでEscが遠いのは気になります。
というわけで、同じように.Xmodmap.escswapとかを用意します。
中身はこんな感じ。

keycode 9 = Zenkaku_Hankaku
keycode 49 = Escape


キーコードとかを調べるにはxevとかを使います。
上記は一時的に切り替えるだけなので、ログインごとに有効にするには別途ごにょごにょとする。